無料ブログはココログ

♪☆♡♪☆♡

SHOPPING

にゃ(=^・^=)にゃ

  • SAVE PET PROJECT
  • ねこのきもち
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

旅行・地域

2010年10月20日 (水)

物々交換

先日、北海道の実家から届いたイクラの醤油漬けをお裾分けすると友人から連絡をもらい、食い意地大魔王なワタクシ、早速取りに伺うことにしました。

秋になり、白菜の旬になったし、ちょうどキムチが食べたいとおもっていたので、イクラとキムチの物々交換をしようと思い、友人と会う前に東上野のコリアンタウンへ行ってきました。

お気に入りは第一物産というお店。毎年年末には必ず行き、お正月はキムチで過ごすのが我が家の慣例です。

出かける前にお店のサイトを見ると夏季限定でトマトキムチなるものがあるじゃない。食べてみたいなと思うけど、もう無いかと諦め気味に出かけて行ったのですが、なんとありました。1番のお目当ては牡蠣キムチだったんだけど、こちらはまだなかった…残念

しゃーない、白菜キム、明太キム、トマトキムを買い込みました。

友人と会い、映画「悪人」を鑑賞。ブッキー演じる殺人犯と深津演じる平凡な女性が出会い、2人で逃亡してしまうという切ない物語…。ブッキーが撮影の合間もストイックなまでにネクラだったとテレビで聞いていたから、その変化に少々期待もしてたけど、アタシにはいつものブッキーにしか見えなかった・苦笑 深津も主演女優賞というけど…いつもドラマに出てる深津さんだったような…それが評価されたなら、まっいっか・笑 俳優さんとしてはお二方とも嫌いじゃないし、素直に観られました。

出会う順番が違っていたら…と、運命のいたずらとも感じる2人の出会いだけど、個人的には過去があるから今の自分ががあると考える方なので、ま、犯罪はもってのほかなんだけど…その道を通ったからこそある愛なんでないか…と、思いますです…はい。

で、もちろん物々交換もしてきました。

帰りにマグロの剥き身と大葉を調達し、イソイソ帰宅。いただきましたイクラ丼…いや、イクラ小丼。実は友人とのランチでガッツリ、コムタンクッパを平らげていて、この日の炭水化物摂取量はすでに許容を超えてる。せっかく痩せたから今も食事制限を課しているので すが…友人の母上のお手製イクラちゃんはアタシの本能をコチョコチョするのよ。101019_204048その誘惑に勝てず、自分の小さな(ここポイント)茶碗で食べちゃいました。

う、うまい 口の中ではじけるつぶつぶ…程よい醤油の香り…誘惑に負けといてよかったYO~。沢山いただいちゃってごちそう様でした>UVASたま&母上さま

101020_211602そして例のトマトキムチ(画像手前)。これがまた美味しかったです。辛さの中にトマトの甘みと酸味が相まって絶妙。サラダ、もしくはマリネ感覚。白菜、明太はいつものように美味しかった。第一物産お勧めです 上野に出向いたら、ぜひ訪れてみてください

2007年9月 7日 (金)

あゝ 松島や…

台風、すごかったですね(@_@;)
二重サッシの我が家でも風がうねる音や雨音が聞こえてました。建物が揺れてる気さえしましたよ。30階や40階ならいざしらず、高層階とはいっても14階建てなんで、揺れるわけもないんですけどね(^^ゞ

さて…

行って来ました、宮城。
幸い台風もまだ遠く、晴天という訳にはいかなかったものの、歩きまわるには暑くもなくちょうどいい天気でした。
2泊3日、観光は初日に松島へ行くだけ…今回ものんびり旅行の予定でした。

2日の朝、東京駅発7時ちょい前の新幹線で一気に仙台へ。「はやて」は、はえ~で~(爆) 大宮の次はもう仙台です。
仙石線に乗り換え、松島海岸駅に着いたのはまだ9時半過ぎ・笑 なぜこんなに早いかといえば、1日2本しかない嵯峨渓を廻る遊覧船の午前便に乗りたかったんです。
Dvc00002日本三景松島にある日本三大渓嵯峨渓を廻るコースは他遊覧船の中で一番長い1時間40分。せっかく遊覧するならこのコースだと思いました。Dvc00009_2

遊覧船からウミネコに餌付けできます。うまーく船のスピードに合わせて餌をもらいにきてました。船室から餌をあげていたオジサンってば、ウミネコの足を掴んで船内に引きづり込んでたよ…オイオイ(^_^;)

Dvc00014 日本三大渓と言われる嵯峨渓。。。自然の浸食力は凄いもんですよね。岩に穴をも開けるんですからDvc00023

____

遊覧船、結構揺れてましたね…あんなもんなのかな~?!

ランチは勿論、牡蠣に地ビール(^_-)-☆

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

宿泊は、県南白石にある鎌先温泉。松島泊も考えましたがヤッパリ温泉に浸かりたいし美味しい食事にもありつきたい…そんな条件を満たすのが鎌先の湯主・一條というお宿でした。

じゃらんの行ってよかった宿口コミ全国3位!

料金が決して高いわけでもなく、平日料金だったのでむしろ安くさえ感じます。で、口コミ3位って…かなり期待大でした。

鎌先温泉は老舗温泉宿が数軒の小さな温泉場。どのお宿も風情ある建物です。その一番奥にあるのが一條。レトロな外観の画像を撮れなかったのは何よりも悔やまれます。玄関前が急こう配の坂で…撮影に行くには勇気がいります(^^ゞバランスを崩したら最後、転がり落ちるしかないもんね・笑

うん!。。。期待通りのお宿でした!!サービス、食事共に3☆。 

Dvc00044_2Dvc00064Dvc00069☆☆☆

。。。

連泊したんですが、食事に飽きることもなく美味しかったですよ。なかでも蟹肉の陶板焼きは初めて!バターで焼くんですが、これがまた旨い事!!もちろん2日とも地酒をいただいちゃいました(^^ゞ

Dvc00037食事処は個室。このお宿は増築を繰り返していて今の客室はそちらにありますが、昔の客室を食事処として使っているようです。嬉しいことに和室にテーブルとイス。これはねえさんにとってかなり嬉しい。和室の雰囲気を味わいつつ楽な姿勢で食事ができました( ^)o(^ )

そうそう、食べてばかりじゃないよ(^_^;)温泉もしっかり浸かってきました。600年こんこんと湧き出しているという掛け流しの薬湯は、とっても柔らかく感じました。温度は低め、長く入っていられます。“つや肌の湯”と異名を持つというだけあって上った後はお肌つるつる、できていた汗疹も不思議と引きました(*^^)v

旅行中日は、白石名物のうーめん(素麵系の麺です)でも食べてのんびり予定だったのですが…宿の朝食でうーめんが出たし、前日牡蠣が食べたりなかったこともあり、再度松島へ。生に焼きにフライ…牡蠣三昧させていただきやした(^^ゞ

3日目と言えば。。。実は朝から頭痛…二日酔い?!。。。いえいえ違います、多分・笑 二日酔いの経験は未だかつてありません。吐き気を伴う激しい偏頭痛(年に1~2回ある)がたまたまぶつかったようです(^_^;) これが厄介なんですよ…鎮痛剤も効かなくなるんです。朝の入浴もできず、朝食も摂れず(T_T) 仙台で「牛タンを食す」予定を断念し、新幹線を繰り上げて帰る羽目に(;一_一)

あゝ、無念だ~。自分のヴァカッ!! & ごめんよ>旦那

と、はいうものの遠出2泊旅行はマズマズ満足しました(*^^)v
また行こうな!>旦那     。。。爆

追加話。。。
その頭痛、計3日引きずりました。考えてみれば、発症は季節の変わり目に多いかも( 一一) 目の奥に手を突っ込まれ頭蓋骨を握り潰されてるような感じ…嫌だ、嫌だ<`ヘ´>

2007年6月19日 (火)

突然、鬼怒川温泉へ。。。

ねえさんが温泉行きたいビームを発しようと、旅行に行きたいと駄々をこねようと大勢に影響を感じないマイ旦那。ひたすらマイペースで他人が気にならないB型夫が、何を思ったか…今月初旬、「温泉でも行くか~?」と言い出しました。とは、言うものの行き先も日にちも全く決めず、「いい所、探しといて~」とだけ言い放つB型夫。

お流れを覚悟しつつ、行先の目星をつけ「鬼怒川なんかいいね」と提案したのが先週木曜の深夜。「じゃ、土曜は鬼怒川か~」と、平然とのたまう旦那。内心、え~~!?明後日かよっ?と思ったのですが、「じゃ、いかない。」と言い出しかねない旦那なので、有り難く拝聴・苦笑
翌金曜日、ホテル&電車の予約を取るべく最大限の努力をしました♪…なんって大げさにいってみましたが、鬼怒川は今オフシーズンでネットからチョチョイっと予約出来たんですけどね~(^^ゞ 当日も“空室あります”と看板を出しているホテルが結構ありましたよ。

今回、観光はほぼ無し。のんびり温泉に浸かるつもりだったので、鬼怒川プラザホテル前日光牛網焼き会席&貸切風呂50分付プランをセレクトしました。

070616_101406 梅雨にもかかわらず晴天に恵まれた土曜。朝、早々に起きて出かけました。東武沿線に住んでいるので、鬼怒川めっちゃ近っ!!北千住から特急に乗り換えたら、あっという間に鬼怒川っていう感じでした。到着した後すぐライン下りだけしようと思い、乗り場に向かったのですが次発は団体で満席。1時間待つのは辛かったので翌日に変更。予約だけしました。この時点で10時半…チェックインは早くて15時…この後どうする??笑
当ても無く、ホテル方向へ歩き始めたけど…何にもないじゃん!笑 午前中じゃ人もまばらですよね(^^ゞ ホテル着いちゃったけど~~爆 入るわけにもいかずプラプラとまた歩070616_114712き始め、見つけたのは湯葉料理のお店兼お宿。有無もなく入店・笑 お昼にもまだ早い時間だったのでお客さんは自分たちを含めて2組でした。

なかなか美味しい湯葉料理でした(*^_^*)

070616_125018_113時前にはホテルに着いちゃいました(^^ゞ 仕方ないのでチェックイン。ロビーでぼうっとしてましたが、同様のお客さんも結構いたようです。14時過ぎにはお部屋に案内してもらえたので、さっそく大浴場へ!!

入っていたのはねえさん以外にもう一人で、ほぼ貸切!気持ち良かったよ~~~!!露天もありました。でもこの露天、角度によっては、前のホテルから丸見え!!あぶね~(^_^;) モザイクかけとかなきゃ・爆

070616_175050070616_174820お部屋で一休みした後、間もなく貸切露天風呂タイム!画像が欲しかったので明るい時間に設定してました。

露天があるのはホテルとは別の敷地で歩くこと3~4分、暖簾をくぐり石段を上がって長い通路の奥に離れ風の露天風呂が並んでます。

案内されたのは一番奥。入口を入ると2方がサッシで明るい4畳半の畳部屋がついていてサッシの向こうに檜風呂\(◎o◎)/

070616_165928_2 070616_165957_2070616_170107_2070616_170032

なんとも贅沢です♪ 普段、カラスの行水な旦那もゆ~っくり浸かっていました。気に入ってくれたようです(*^^)v 

070616_185959食事はそれ相応・苦笑  ある程度大きなホテルなので致し方ないですね~。最後に出たお焦げのお茶漬けと朝ごはんの豆乳粥は結構気に入りました。

070617_121744 翌日はねえさんだけ朝風呂(^^ゞ ライン下りだけをして帰路につきました。

夫婦でのんびりした1泊旅行となりました♪

あ~~、また旦那が気まぐれに温泉行きを思い立ってくれないかしら~~(^^ゞ

2006年9月 6日 (水)

湯桧曽温泉記 Ⅳ

21時20分、メインイベントである貸し切り露天風呂タイム突入!!
いそいそと露天に向かったものの。。。

なんと、曇天 ○| ̄|_ 

満天の星空…は、観られませんでしたが、なかなか気持ちのよい露天風呂でしたっ。ここは、湯船のみ。お風呂から上がるためのスペースがあるだけで、洗い場はありません。温泉に浸かるだけを目的に作られてる露天風呂です。
そうだよね~温泉に来てるんだもん、露天で体洗わなくても大浴場で洗えば良いじゃん。この考え方、サンセー!!\(~o~)/
温度は大浴場より更に低め。石枕の寝湯で、じっくり浸かれる温度でした。

でもね…旦那ってば、サッサと出ようとしてる(ーー゛)

旦那の辞書に『情緒に浸る』と言う文字はないらしい(+o+) 
温泉旅行もほぼ初めてに近いヤツ = 興味も薄い。
期待する方が間違いだと即座に悟った ねえさんでした・笑 気付くの遅い?

女性専用タイムに木風呂も入ろうと企んでいた ねえさんですが、露天風呂に向かう階段がかなり急勾配で1人じゃ無理。ってわけで⇒断念しました(T_T)

060902_2003夕食時に飲んだ地酒も効いていたので、すんなりお休みタイム突入。ZZZZZ

♡♥♡♥♡

翌日、バイキング形式の朝食を摂りに食堂へ行って、子連れ客の多さにチョットびっくり。大人だけと言うのは数組だったみたい。予め知ってはいたけど、ほんと子連れ向きなんだな~と実感しました。赤ちゃんに優しいってことは、お年寄りや障害者にも優しいってことに繋がるもんね。実際、田舎町で障害に驚いて引かれる事の多い ねえさんにも普通に接してくれてました。
☆☆☆。。。☆みっつ進呈!

宿を出て、水上の森(どこが森?って思ったけど・苦笑 だって周囲は山林じゃん!ちっと違うような気が…笑)にあるトリックアート館に行って見ました。060903_1114tr_1
いつも、思うけど…旦那って、カメラワーク下手。これも、もうちょっと前に出てよって感じでしょう。ボケてるしぃ笑 
分かりますか?
平面に書かれた絵なのに、まるで ねえさんが肩を組んで顔を覗きながら、話しかけている…ように見えるハズなんですけどね~(^_^;)

ま、いいか~。(^^♪

060903_1118tr2 トリックアート館を出た後、マイナスイオンを求めて、川原の遊歩道に行こうと思ったんですが。。。

恐ろしいほどの斜度を湛えた石段とほぼ川の中を歩くかのような歩道(?)を超えなきゃ、遊歩道に出られない様相。
旦那なんて「携帯バッチリ入るから、救急車呼べるよ!」だって。オイオイ、それどういう意味だよ?笑…救急車呼びたかないしってことで、退散。

ホントは、遊歩道から吊り橋を渡って対岸へ出る予定だったのにさ…(T_T)
仕方なく、炎天下の車道で対岸まで。しっかり、日焼けしました(・。・;
060903_1237
対岸の親水公園でチョット休憩。しばらく動けなかった(^^ゞこの晴天ですもん…焼けるに決まってるよね~苦笑 ここ、道の駅も併設してて、スロープが設置してあるのに車椅子トイレが見当たらない…変な施設ですだ(・。・; あったのかな~~?…謎。

ここから、ぶらり号で水上温泉街へ。夏もマオカラーの黒スーツ着てる、かの有名な服○先生が絶賛する蕎麦屋さんに入りましたが……(沈黙)いや、不味くないっすよ。あぁいう蕎麦なんでしょうね…そば湯が美味しかったから、それなりに良い蕎麦粉使ってるんでしょうけど……なんか、良い蕎麦粉が勿体無いって言うのが ねえさんの感想です。機会があったら行ってみてください。温泉街にある「ふれあい交遊館」ヨコの路地を入った「やぶそば」さんです。結構混んでましたけどね・苦笑

060903_1446その後、帰りの電車の時間が迫っていたので水上駅に向かい、早々にお土産購入。電車に乗った後は…2人とも爆睡でした。

旦那の辞書に「情緒に浸る」と言う文字が無かったこと以外では、マズマズの初旅行となったんではないでしょうかね~~笑

“湯に潜む”が名前の由来となってる湯桧曽は、文字通り鄙びて静かな温泉。宿の外はだ~れも歩いていません。温泉旅行デビューだった旦那にはチョット詰まんなかったかも。水上温泉街でスマートボール場見付けて喜んでましたから。って、ねえさんもだけど・笑 時間が無くて寄れませんでしたけどね。

今度企画するなら、客で賑わう温泉街にしましょうかね(*^^)v

追加話。。。
お土産ですか?……娘と自分へのお土産は、もちろん地酒。超辛口純米酒谷川岳
超辛口っていうけど、実際は純米酒なので、清酒の切れのある辛さではなく、舌に纏わりつく独特の甘さも感じます。この地酒は熱燗、温燗、冷、冷酒…何でもイケるみたいですよ!

2006年9月 5日 (火)

湯桧曽温泉記 Ⅲ

遅めのお昼となった角弥を出て、いよいよ宿に向かいました。蕎麦屋さんから近かったので歩くことに。でも、20分近くかかったかも(・。・; 

水上温泉郷のひとつである湯檜曽温泉。ぶらり号のガイドで流れていたんですが…この温泉は落ち武者が見つけたそうで、湯に潜む…で、湯檜曽温泉となづけられたんだってぇ~。へぇ~~って思っちゃった(^^ゞ

今回予約したお宿は、天空の湯 なかや旅館

赤ちゃん連れに優しい旅館で有名みたいでした。魅力を感じたのはここの露天風呂!満天の星空を観ながら貸し切り露天風呂のキャッチコピーに魅せられちゃいました(*^^)v
チェックインしたのは4時過ぎだったかな…。その場で貸し切り露天の時間を決めます。石風呂、木風呂の2種類から選択できるんですよん。ねえさんは石を選びました(^_^)v だって貸し切り時間帯を過ぎると木風呂は女湯になるっていうんですもん(^^♪ そう、ねえさんは両方入れるぅって訳(^^ゞウヒヒ

今時の旅館らしく、好きな浴衣を選ぶことが出来ましたよん。柄も色もサイズも豊富でした。ねえさんは黄色地のトンボ柄をチョイスしましたぁ。

お部屋は近年リニューアルされたそうです。谷川岳の“川”と名づけられ、煙草の臭いもなく綺麗な部屋でした♪

一息ついた後、早速屋内の大浴場で ひとっ風呂!! 掃除が行き届いた気持ちの良いお風呂場で、季節がらなのか…温度はぬるめ。長く浸かっていられましたよん。

060902_1900060902_1901_4食事は7時にお願いしていました。部屋食プランで予約をしていたので、お部屋でまったりとお食事(^_-)-☆

決して絢爛豪華ではないけれど、暖かみのあるお膳(*^^)v
食前酒は珍しいシソ酒。口に含むとオオバの香りが広がって食欲を刺激されちゃった。
料理のお味は懐かしさ漂う感じで、一番美味しかったのは、けんちん汁。一切、肉を使わずあそこまで旨味を出すのは流石だと思います。透明な豚汁を飲んでるかのようでした・驚

060902_1910iwana_2060902_1917_2岩魚も肉離れがよくって、美味しかったですよ~~!
そして、豚肉の陶板焼き。お肉が柔らかかったです。

岩魚の向こうに茶碗蒸しがあるの見えますかね?…実はこれ、茶碗蒸しじゃない・笑 何を使った料理?と、宿泊客に聞くのがお宿のお約束(?)になってるらすぃ(゜o゜)
このネタ、ネットのクチコミでも書き込まれていました…答は書いてなかったけど(T_T) ヒントはヒラガナ4文字の野菜。お品書きには、○○○○のプリンとある。これ、分かりませんでした(^^ゞ 食事を下げに来た従業員の方に答を教えてもらいましたが…へ~~!って感じ。だって、限りなくダシの効いた茶碗蒸しだったんだもん!ヒラキナオリ(゜.゜)

060902_2011_1デザートがまた美味しかったです(*^^)v
左から、りんごのシャーベット、オレンジソースのパンナコッタ、ケーキ。嬉しい3種盛り♪
シャーベットはさっぱりしていてダントツ美味しかった~。

お料理はとっても満足でした(*^^)v

Ⅳへ。

湯桧曽温泉記 Ⅱ

060902_1326rw 谷川岳ロープウエイ駅(と言うらしい)から、再び温泉ぶらり号で水上駅へ。

目的は、温泉ぶらり号で通過してきたお蕎麦屋さんに行きたかったんです(^^♪ バスは循環しているので一旦水上に戻り、同じバスに乗り蕎麦処に。再乗車したのはねえさん夫婦だけだったので、運転手さんが「どこ行くの?他に誰もいないから、なるべく近くで降ろしてあげるよ」って、嬉しいお言葉。
でも、その蕎麦屋さんはバス停の真ん前・笑 ありがとう♪運転手さん!

060902_1450 入ったのは手打ち蕎麦角弥
旦那はまいたけ天せいろ、ねえさんは野菜天せいろを注文。ここって、クチコミでは是非両論だったんだけど、ねえさん的にはです。確かに麺はカモナク、フカモナクですが、そばつゆがイケてました。薄口しょうゆを使った透明感のあるつゆは鰹ダシが効いていて風味豊でした。そば湯で割ると一層鰹節が匂い立ちましたよ♪
天ぷら…もちろん旦那とシェアしたんですが、野菜天にはミョウガの天ぷらが入っていたんですぅ。。。これがまた旨いミョウガでして(^・^) ねえさん何も考えずパクリとやったら…旦那が泣いてました。そっか~、1つしかなかったんだっけ(^^ゞテヘ。ニッコリ笑って誤魔化したけど。。。そんなの利かないね・滝汗…ゴメンヨ。

Ⅲへ。

2006年9月 4日 (月)

湯桧曽温泉記 Ⅰ

行って参りました!! 水上

天気にも恵まれて(残暑厳しく・苦笑)気持ちの良い2日間でした!

土曜日、上野発7:20 特急水上1号に乗りました。10時には着きたいと考えてこの時間にしました♪
新幹線を使う行き方もあるんですが、さほど到着時間は変わらない(20~30分程度)。しかも高崎で乗り換えるのは、水上1号…ならば、上野から乗ってしまえ~⇒安くて乗り換えも無いすぃ。ってか、誰でもそう考えるよね~笑
この路線、ねえさんは初めて。(旦那も…だとは思います)瞳は車窓に釘付けでした(^^♪埼玉に入ると目立ってくるのは戸建住宅。やっぱし、戸建を望むならここまで来なきゃ…なんだね~(埼玉アリーナも初めて見たよん…通過しただけ(^^ゞ)。ってなこと思ってるうちにウツラウツラ。。。
目覚めた時には、すっかり田園風景。遠くに山が見えてました。不覚にも ねえさん、お菓子買い忘れた~(T_T) CHOCOLATE食いてーとボヤいてると、あっという間に水上着。
当たり前なのかもしれないけど、今時の特急には洋式トイレ完備。ちょっとホッとした約2時間20分程でした。

060902_0954 水上からは、谷川岳に向かう予定。温泉ぶらり号という乗り降り自由で1日500円というシャトルバスに乗りました。
名所を回るこのバスは、軽いガイドも流れ目的地に着くまで、ちょっとした観光バス感覚が味わえました。以降、移動は全てこのシャトルバスでした。マイクロバスで山間の細道を登ったり下ったりするので結構…いえいえ、すんごくヨコG&タテGが激しかった。座位が不安定な ねえさんに…「お前、揺れすぎだから~」って、旦那が・爆 ジェットコースター好きにはお勧めかと。。。笑 

060902_1231 谷川岳ではお約束のロープウエイで天神平に。
いや~~、晴天だったので めっちゃくちゃ絶景。空気もヒンヤリ気持ちよかった(*^^)v
060902_12 天神平からまたリフトに乗って天神峠へ。。。
これは間違いだった(^_^;) 行きはよいよい、帰りは…激コワ~~。もう必死でリフトのフレームと旦那の腕にしがみつきまくり・苦笑 ビビリまくってる ねえさんに「写真撮らないの?」って、旦那…イケズゥ(>_<) 
冬はスキー用となるリフトがこの時期は観光用になるようで…「スキーに来て、リフトじゃ降らないもんな」という旦那のツブヤキに、そりゃ降る事が計算に入ってる訳ないよなぁと妙に納得。安全バーも無く、あの斜度を降りるのはコワイよ~!ブツブツ
てわけで、リフトの画像無しです!ハハハ(^^ゞ

~・~つづく~・~

2006年6月 8日 (木)

去年の今頃は。。。2

Photo_43 これは、去年の韓国旅行で買った革のコートですぅ。。。
6月は革製品の閑期らしく、年間を通しても一番安価に買えるんですって。これも日本ではありえないほど安い・嬉 
義妹(以下、ういろーたん)は革のコートが欲しいとお店も決めて予算も組んでいたのですが、ねえさんにその気はありませんでした。しかーし、実際 ういろーたんにくっついてお店に行っちゃったら、コートに惹かれて惹かれて…(^^ゞ
ういろーたんの試着もそっちのけで、ねえさんが試着しまくった・笑 だって重くて着られないと思い込んでいた革のコートが、メチャ軽いんだもん…もう、買うっきゃないでしょう?
「買うならその色が良いわね」と、義母が勧めてくれたオレンジに決定。ついでに娘のお土産もお揃いで白のコートを買いました。やはり、義母が ○○ちゃんなら絶対に白と勧めてくれたんです(^^♪

気付くと、ういろーたん「あたしがコート買いに来たんじゃないっけ?」と。。。
義母と3人大爆笑でした。お店の人も日本語が分かっていて、一緒に笑っていたっけ…笑

この後、ういろーたんは色もデザインも違う2着をセレクト。無事に(?)買い物終了です!

ところが ねえさんこの衝動買いが仇となった…(・。・;
ん?所持金足りるか~~?!。。。

はい、以降のお土産等々の買い物は全てカードを使いました(^^ゞ
…とは言うもののカードが使えぬお店もあります・滝汗 
この後行ったセミオーダーが出来る靴屋さんもカードが使えなかったのれす。足のでっかい ねえさん、なかなか靴がない…(~_~;) 日本よりは安くオーダー可能な韓国で作ってみたかったのです。お財布ひっくり返して何とか支払えましたよ、ほっ(+o+)
数日後届いた靴は少々大きすぎて履けませんでした(T_T) でも、無駄にはなってませんよ~。ねえさんより大きな足を持つ娘が履いてますから♪
足が大きいのは、あんた譲りと何時も文句タラタラ・笑

結局、帰りの機内での所持金と言えば…成田から自宅までの電車賃数百円のみ…お見事!(^_^;) 
小学生でももっと持ってるよね~~あはは。。。 

この旅行中、ずーっと 義母とういろーたん、ねえさんの3人は 母娘・姉妹だと思われていたようであります!(*^^)v

2006年6月 7日 (水)

去年の今頃は。。。

生まれて40年、日本から出たことがなかった ねえさんは。。。
去年、初海外旅行に行っちゃいました~(^O^)/

行き先は韓国!

同行者は…旦那?。。。いやいや旦那ではございません。
当時まだ独身だった旦那の妹(現甥っ子ママ)と旦那の母。女3人旅です。

そう、ねえさんの立場から見ると世間一般的に 姑と小姑と呼ばれる間柄です・笑
鬼千匹なんて例えがあるくらいですよね。ねえさんも当時、職場の同僚から『よく、姑・小姑と旅行なんて行けるね』と言われておりましたよ。。。

ねえさんは結婚して4年ですが、旦那実家が大好きです。正直言って自分実家より好きかも!?苦笑
旦那が居なくても、旦那実家へ遊びに行ってしまいます。
さりげなく優しい義父・義母が大好きです・照

初めて女3人で出掛けたのは3年前のミレナリオ。晦日の夜、ミレナリオに行くと言う義妹と義母にくっついて連れてって貰うことに。ミレナリオ見て、食事して…楽しかった。

疑問を抱いている方は※プロフィール参照してくださいm(__)mそのうち、更新しておきます・笑

かねてから、「海外いきてー」と事ある毎に言っていた ねえさんだけど、旦那は海外なんて全く興味なし。ってか、旅行自体興味なし(T_T)
そんな ねえさんを見かねてか…去年のお正月、旅慣れた義妹が女3人旅を提案してくれました。「お兄ちゃん待ってたら、一生海外行けないよ」って。笑
もちろん、ねえさんは大喜びですよ~。

そうして決まった初海外・韓国旅行ーーーーー!2泊3日。

パスポートさえ持ってなかったから、申請から始まって、キャリーバック買って…その段階で、もうウッキウキ(^^♪
手配は義妹任せ(^^ゞ 彼女は韓国9回目?だったかな…エジプトも一人で行ってしまう大の旅行好き。全くの初心者である ねえさんも全信頼を置いてました(*^^)v

050605_1450 土日を含めても有給が2日必要。2日分の仕事を前倒すため必死だったっけ・笑
当日は天気も良かった(^_^)v 成田空港の中に入ったのも初体験。見るものすべて新鮮でした(^-^) 降り立ったのはインチョン。障害者特権を活用し、すんなり入国手続き(一般より時間短縮)しちゃった・デヘッ。 
1泊目はお泊りも可能なハンジュンマク。いわゆるサウナですねん。サウナ後のビールが旨かったな~~。

買い物、買い物、食事、買い物、観光、食事くらいの割合で3日間を過ごしまし050605_1447た。義母と3人珍道中とでも言うか、メチャクチャ楽しい3日間でした。美味しいものたくさん食べたし~\(~o~)/ 印象に残ったのは鵜黒鶏のサンゲタン(粥)ですかね…いや、キムチも…いやいや、チヂミ…いやいやいや、冷麺…プルコギ!…絞れない(^^ゞ デパ地下のトッポギも美味しかったし。結局、全部旨かったってわけですねん・笑

また、海外行きたいよ~~!

今年は台湾と言う話も出てましたが…甥っ子が誕生。
甥っ子が大きくなったら、また女3人+甥っ子旅実現させたいな~~。。。と夢見る ねえさんです(^^♪

義妹のブログでも女3人旅が記事になってまーす。
+++徒然なるままにパソに向ひて+++
ソウル旅行記☆その1ソウル旅行記☆その8

我が家の しすにゃーず 

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31