無料ブログはココログ

♪☆♡♪☆♡

SHOPPING

にゃ(=^・^=)にゃ

  • SAVE PET PROJECT
  • ねこのきもち
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« サボり癖 | トップページ | 被災地のわんこ、にゃんこ »

2011年5月12日 (木)

猫のPTSD

大地震の日、ビビってしまい、しばらくケージ内で肩を寄せ合いフリーズしていた猫たち。ことさらシピは。ガタガタと震えが止まらない様子でした。

家の片付けの合間にひたすらナデナデ。時には抱きしめてナデナデ。普段は私に抱かれるのが大嫌いなシピ(嫌なことされると思い込んでる節ありw)が、じっと抱かれてる。

余程怖かったんだね。

レイは割とすぐ震えは治まったけど、やっぱりじーっと様子をうかがっている感じでした。

その夜はご飯をあげても2頭とも食べようとしませんでした。

翌朝からレイは、ケージを出て部屋をウロウロ。余震にビビりつつもご飯をポツリポツリと食べ始めてくれた。一方のシピはその後3日もほとんど飲まず食わず。猫は大災害後3日~7日はそういう状態でじっと事が落ち着くのを待つんだそうですが、シピは飼い猫。流石に心配だったので病院を受診。栄養剤と食欲増進剤を皮下輸液してもらいました。

これって猫的PTSDだよね…。

薬が効いたのか、受診した翌夕あたりから普通に食事を摂ってくれるようになって一安心。

…とはいうものの、余震のたびにビビる猫たち。1週間ほど経った頃には、テレビで緊急地震速報のピロロロン、ピロロロンが流れると「揺れる」と学習してしまい、脱兎のごとくテーブル下や棚の下に避難するように…ある意味かなり賢い ツイッターやネットでググるとそういう猫ちゃんは結構多かったけど

更にシピは地震が起きると掛け時計が揺れると学び、今や掛け時計がバロメーター的存在。時折、時計を見つめては揺れてないことを確認してます。

実はこれ、人間もやってます。 あれ、地震?っと思ったら時計を見てしまうwww

シピもレイも この反応はもう、トラウマ的に染みついちゃうのかな…。シピはすっかり甘えっ子になちゃって、嬉しいような…不憫なような…

マンション生活で一番怖いのは地震後の火災。地震自体は耐・免震で大丈夫(…だと、信じたい。汗)。ライフラインの断絶で避難するなら基本的に猫は家に置き、ご飯やりに通うのがベストだと私は考えてます。しかし火災(地震後を含む)が出たら連れて出なきゃならない。しかも2頭を1人で…っていう可能性は大。キャリーが1台しかなかったので、折り畳み式キャリーを買いたしました。

しかし、その後自分の愚かさに気づいた。13階から猫入りキャリー2台持った状態で、自分が階段降りれるわきゃねーじゃん

つー訳で、現在リュック式にもなる3ウエイキャリー購入検討中。3千円強からあるみたい。1頭は現所有の斜め掛けで、1頭はリュック式で、自分のバッグは首から下げてw両手はあけましょう…想像すると恐ろしいけど、

火事場の馬鹿力で何とかなるよ…ねっ苦笑

« サボり癖 | トップページ | 被災地のわんこ、にゃんこ »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫のPTSD:

« サボり癖 | トップページ | 被災地のわんこ、にゃんこ »

我が家の しすにゃーず 

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31